基本方針・推進体制

サステナビリティへの配慮に関する基本的基準

日本土地建物プライベートリート投資法人、及び中央日土地アセットマネジメント株式会社(以下、資産運用会社)は、不動産投資運用における環境・社会・ガバナンス配慮の重要性を認識し、企業の社会的責任として、環境負荷の低減等、サスティナブルな社会の実現を目指した取組みを継続してまいります。

Environment:環境配慮に関する取組み

エネルギーの効率的な運用の推進や節水・廃棄物削減に取組み、持続可能な社会・循環型社会の実現に向け、環境負荷の低減に取り組んでまいります。

Social:社会との協働に関する取組み

様々なステークホルダーとの協働を維持すると共に、積極的な情報開示や地域とのコミュニケーションの推進、快適な空間の提供と安全安心への取組み、防災・BCP(事業継続計画)への対応等を進め、企業としての社会的責任を果たしてまいります。

Governance:ガバナンスに関する取組み

環境・社会・ガバナンスに係る法令を遵守すると共に、規制変更などの諸リスクを適切に管理してまいります。また従業員に対しては教育・啓発活動を行い、透明性のある適切な運用・行動に努め、高い倫理観とコンプライアンスを重視した企業活動を行ってまいります。

推進体制

資産運用会社では、サステナビリティへの取り組みを推進するため、サスティナブル委員会を設置しており、原則として年4回の打合せを行い、目標や施策検討、進捗状況把握、情報開示の推進等を行います。同委員会は、代表取締役社長、経営企画部長、投資運用第一部長及び委員長が指名する者をもって構成し、議長である経営企画部長が招集し、サステナビリティ最高責任者である代表取締役社長が、各種施策実施に係る決定を行い、取締役会及び投資法人役員会へ報告を行います。

サステナビリティ委員会
メンバー 代表取締役社長、経営企画部長、投資運用第一部長、担当者
決議事項 ・ESGに関する目標設定
・ESGに関する施策の進捗把握
・ESGに関する情報開示